障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明!

サイトメニュー

うつ年金受給までの流れ

聴診器

事前に知っておきたいうつ年金請求の流れ

うつ年金が受給できるようになったとはいえ、その請求の流れはなかなかに複雑です。この工程を間違えると年金受給には時間がかかってしまうため、きちんとした請求の流れを知っておく必要があります。まず最初に「病院への初診日を確認」する必要があります。これは今受診している病院ではなく、最初に「うつ病のことで医師に診察してもらった日」です。そのため、長く通院している人の中には一番最初に受診していた病院が廃業してしまっている、どこの病院か覚えていないなどの問題に直面する事もあります。その場合には障害年金サポートセンターなどを利用する事で解決する事もありますので、専門ダイヤルに相談してみましょう。初診日の確認ができたら日本年金機構から申込書類をもらいます。この申込書類を貰う前に確認しておかなくてはいけないのが「初診日要件」「障害認定日要件」「保険料納付要件」の3つです。この中のどれか1つでもかけてしまうと申請ができなくなってしまうのでとても重要な確認項目になります。確認と書類を受け取る事ができたら、受診状況等の証明書を準備する必要があります。これらは「始めて診察を受けた病院」で作成してもらう必要があります。しかし万が一始めて診察した病院が廃業・カルテが破棄されている状態である場合には「第三者証明」と呼ばれる方法で対応する事ができます。では必要書類を受け取る事ができれば、次は現在受診している病院からの診断書を所得する必要があります。この診断書に関しては病院によって出来上がりに1ヶ月から3ヶ月と長い時間がかかります。大学病院などになればそれ以上にかかってしまう事がありますので、ゆとりを持って依頼しましょう。必要な書類が全て集まったら必要事項を記載する書類を作成していきましょう。これは必ず必要となる記入書類で「年金請求書」「病歴・就労状態等申立書」になります。年金請求書には自分の氏名・住所など受給者本人の細かな情報を記入します。病歴・就労状態等申立書には今まで通院していた病院や日常生活の様子を記入します。色々と記入する項目が多いですが、間違えないように注意しましょう。最後に住民票などの各種証明書を準備する必要があります。これらを最後に準備する理由としては有効期限が発行してから1ヶ月と短い期間になるからです。そのため、全ての書類が集まり提出するだけという時に発行してもらうようにしましょう。必要書類の提出は「年金事務所」の窓口です。ここで書類などに不備がなければ受け取ってもらえ、そこから審査などを経て決定します。この時受け取ってもらえたからと言って必ず障害年金を受け取れるわけではないので注意しましょう。

Copyright© 2019 障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明! All Rights Reserved.