障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明!

サイトメニュー

支給停止になった際の対処

医者

障害年金は更新がある

長い時間をかけて申請したうつ年金を受給できたら安心してしまいがちです。ですがこの時に気をつけなくてはならない注意ポイントがあります。それはその年金制度を受けられる期限です。障害年金と聞くと一生涯受給できると考える人もいますが、それは手足を切断してしまってその障害と一生向き合わなくてはいけない場合です。この他にも「人工関節」「人工透析」もこの永久認定に該当する障害と言われています。ではうつ病などのメンタル疾患の場合はどうなるのでしょうか。実はメンタル疾患などで障害年金を受給している場合は「有期認定」と呼ばれる定期更新があります。この更新年数は受給者の病状によって変化しますが、最大でも5年までしか認定がされません。その後、病状がどうであるかを受診している病院の診断書を再度提出してから判断され、この時に病状が回復している場合は階級の変更や支給停止になる事もあります。しかし、メンタル疾患の場合は病状が良くなったあとも何らかの問題が生じ、さらに症状が重くなってしまうケースもあります。その時は「年金受給権者支給停止事由消滅届」と呼ばれる書類を病院の診断書と共に提出する事で年金機構へ停止解除を依頼する事ができます。しかしこの書類を出したからと言って必ず解除されるわけではないので注意が必要です。また、審査期間が長く結果が出るまで最低でも3ヶ月から半年はかかります。ですが、この時に停止解除が認められれば、提出した翌月分から受給を受ける事ができます。年金受給権者支給停止事由消滅届を提出する際に必要な書類は「年金証書」「医師の診断書」「住民票または戸籍謄本」となっています。提出の際に1つでも漏れがあるといけませんので事前に確認して集めておきましょう。

Copyright© 2019 障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明! All Rights Reserved.