障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明!

サイトメニュー

障害年金には種類がある

聴診器

年金制度により異なる障害年金の種類

うつ年金のように精神障害であっても障害年金を受け取る事がしっかりとした基準で出来るようになりましたが、その中でも「障害年金」を1つの年金受給の種類と考えている人は多くいます。しかし、実は障害年金の中には3つのカテゴリがあり、受給者が初めて病院を受診していた時に加入していた年金の種類によって変わります。受給できる年金の種類として「障害基礎年金」「障害厚生年金」「障害共済年金」になります。それぞれにどういった違いがあるのか、説明していきたいと思います。まずは「障害基礎年金」ですが、こちらは国民年金に加入している人が対象になる障害年金の種類になります。主に「主婦」「フリーター」「学生」「自営業」が対象となっています。次に「障害厚生年金」です。こちらは厚生年金とついていますので、厚生年金に加入している人が対象になります。主に「サラリーマン」「社会保険加入のアルバイト」などが対象になっており、障害厚生年金のガイドライン3級の基準に満たない場合でもある程度の基準に該当すると判断されることで手当金を受給することができます。最後は「障害共済年金」です。こちらは「国民年金」「厚生年金」以外の年金制度に加入している人が対象となります。ではどういった人が対象なのかというと、主に「公務員」などが対象になります。公務員には「国家公務員共済組合」「地方公務員等共済組合」「私立学校教員共済組合」があり、これら全てが共済制度の組合員となるため、障害共済年金の対象者にあたります。なぜこのような種類分けがされているのかというと、障害年金を受給申請する際に必要となる種類が加入している年金制度によって異なります。障害年金の詳しい申請方法の説明は多くが「障害基礎年金」の必要書類で書かれている事があります。そのため、実際に申請したら種類が違うなどの理由から受理されなかったり正しい年金制度での受給になっていない恐れがあります。そういったミスや手間を省くためにも、きちんと自分が加入していた年金制度での申請方法を知っておく必要があります。万が一分からない場合には年金事務所や専門の社労士に相談する事で適切な必要書類等を教えてもらう事もできます。ただ、注意しなくてはいけないのが先にも伝えたように「初受診した際の加入年金制度」が対象になります。初受診の際は「国民年金」だったが、現在は「厚生年金」出会った場合も受給の対象は「障害基礎年金」になります。もしもそういった点で疑問を感じる場合も年金事務所や専門の社労士に相談する事で解決させる事ができると思いますので、気軽に相談してみる事が大切です。

Copyright© 2019 障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明! All Rights Reserved.