障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明!

サイトメニュー

聴診器

うつ年金受給までの流れ

全国的に精神障害の特定認可が分かりやすいガイドラインが決められた事で、うつ年金を受給する事が可能となりました。しかしうつ年金受給のためには請求の流れを知る必要があります。ここではその請求方法を説明します。

詳しく見る

医者

診断書を貰う際の注意

うつ年金を受給するためには現在受診している病院の診断書が必要不可欠になります。しかしこの診断書を貰う際には注意点があります。この点をしっかりと知ってスムーズな手続きを行いましょう。

詳しく見る

聴診器

障害年金には種類がある

申請して審査する事で受給する事が出来るうつ年金などの障害年金ですが、実はこの年金制度には種類があります。その基準として今まで加入していた年金制度です。この年金制度の違いによって請求雨出来る障害年金も変わるので紹介していきます。

詳しく見る

医者

支給停止になった際の対処

うつ年金を受給できた際に注意しなくてはいけないのが「有期認定」と呼ばれる期限つきの年金制度である事です。ではどうしてこういった期限がつけられているのかをここでは説明してきます。

詳しく見る

注意点が多いうつ年金受給

ハートと聴診器

うつ病でも受給できるうつ年金の仕組み

うつ病などの精神障害は症状が重いとまともに仕事や生活ができず大きな悪影響を及ぼしてしまいます。最悪の場合はドクターストップによる休業も考えられますが、その際に不安になるのが将来受給する事ができる「年金」です。身体的傷病で障害年金を受給する事が可能ですが、うつ病等の精神障害では地域によって基準が曖昧になってしまうなどの問題がありました。そういった問題を解決させるために、2016年9月1日から新たな認定基準を設ける事で、精神障害でも障害年金を受け取れるかが明確になってきました。
気分や行動に関する思考障害の症状がある人で仕事に支障をきたす場合は認定基準の3級に該当する可能性があります。この場合症状は頻繁でないにしろ、繰り返し症状が出るなら障害年金を受け取れる可能性が高いです。さらに症状がひどいものを2級、一番ひどい場合は1級という風にガイドラインに沿って障害の状態を分け、年金の支給額を決めています。
これらの症状を書類にまとめて提出することで障害年金を受給できるか決まるため、重要なポイントを押さえておきましょう。
まず上記でも説明した通り、障害年金を受給できるかはガイドラインに沿って決められるため、医師の診断書が必要です。
自分の症状を正しく診断書に記入してもらうためにも日頃から医師には日常生活や仕事において具体的に報告することが重要です。
そうすることによって診断書も詳細に記入してもらえます。次に病歴・就労状況等申立書も障害年金を受給するために重要な書類となります。これはうつ病などの病気に気付き、病院を受信してからどのような問題が起きていたのか、どんなトラブルがあったのか記入する必要があります。過去数年のことを詳しく書くことは難しい場合もありますが、周りに聞いたりしながら振り返って記入することがポイントです。

人気記事

聴診器

うつ年金受給までの流れ

全国的に精神障害の特定認可が分かりやすいガイドラインが決められた事で、うつ年金を受給する事が可能となりました。しかしうつ年金受給のためには請求の流れを知る必要があります。ここではその請求方法を説明します。

詳しく見る

医者

診断書を貰う際の注意

うつ年金を受給するためには現在受診している病院の診断書が必要不可欠になります。しかしこの診断書を貰う際には注意点があります。この点をしっかりと知ってスムーズな手続きを行いましょう。

詳しく見る

聴診器

障害年金には種類がある

申請して審査する事で受給する事が出来るうつ年金などの障害年金ですが、実はこの年金制度には種類があります。その基準として今まで加入していた年金制度です。この年金制度の違いによって請求雨出来る障害年金も変わるので紹介していきます。

詳しく見る

Copyright© 2019 障害年金の受給が出来るうつ年金の仕組みを説明! All Rights Reserved.